平山一政式 低温スチーミング製法とは!

平山一政式 低温スチーミング製法とはスチーミング調理技術研究会代表 平山一政さんが開発された、100℃未満の低温で蒸す調理法の事です。

主な方法として「50℃洗い」、「低温蒸し(70℃蒸し)」があり、50℃洗いによって、野菜の鮮度がよみがえり、食材本来の食感が戻ります

低温蒸し(70℃蒸し)を行うことによって、うまみ・甘み・香りが増したり、食材が高温で加熱すると失われる栄養素が最小限に抑えられます。

 

50℃洗いとは

50℃洗いとは、スチーミング調理技術研究会代表 蒸気技術の専門家として40年研究をされている平山一政先生が考案された調理法です。

50℃洗いの凄いところは、「野菜」だけでなく、「果物」「魚介類」「お肉」も50℃洗いをすることによって、野菜や果物は鮮度がよみがえったり、アクや臭みがとれ、甘みが増します

 

また防虫防御成分(害虫から身を守る成分)や鮮度を保つために使用している薬剤、お肉や魚介類や加工品の酸化物質を洗い流すことができる為安心して、食べる事ができます。

また「50℃づけ」という50℃洗いと同じ効果がでる調理法もあります。

低温蒸し(70℃蒸し)とは

低温蒸し(低温スチーミング)とは、こちらも50℃洗いと同じく平山一政先生が考案された調理法になります。

通常蒸し器を使うとお湯の沸点である100℃まで温度が上がりますが、その温度を50℃~90℃で蒸す事を「低温蒸し」、「低温スチーミング」といいます。

低温蒸し(低温スチーミング)を行うことにより、食材に含まれる成分がうまみや甘みの成分に変化したり、野菜の食感が食材本来の食感を保つことができます

「平山一政式 低温スチーミング製法」を使用した商品

 

国産 蒸した生姜コショウ」は平山一政式 低温スチーミング製法で調理しているため、レモンの風味が際立っています。「細切り生姜」と「荒おろし生姜」2種のカットで食感が楽しめます。

 

 

50℃洗いについて詳しく知るには

「50℃洗い」や「低温蒸し」の事を詳しく知るには平山一政先生のウェブサイトをご覧ください。

 

50℃洗いと低温スチーミング