蒸し生姜の効能 – 冷え性も改善!

粉末の蒸し生姜

蒸し生姜とは

生姜を蒸した後、乾燥させたものを『蒸し生姜』と呼びます。

 

生姜を蒸すことで温め成分の『ショウガオール』を増やし、乾燥させ成分を凝縮させます。

 

蒸し生姜は生の生姜に比べ、成分が凝縮されているので少量でも効果を発揮し、手軽に摂り続けられます。

 

 

Memo

生姜や漢方薬として、生姜(ショウキョウ)、乾生姜(カンショウキョウ)、乾姜(カンキョウ)の3通りの使い方があり、乾姜(カンキョウ)が蒸し生姜の正体です。

 

 

生姜の2大成分

生姜

 

冷えの改善に高い効果を発揮するショウガオール

 

ショウガオールは生の生姜にあまり含まれていませんが、加熱することで、ジンゲロールがショウガオールへ変化し、温め成分をいっぱい含んだ『蒸し生姜』へと変身します。

 

ショウガオール
ショーガオールは体を内側から温める効果が高く胃腸の血行を良くします
血行が良くなると、代謝アップでダイエットにも。
また、免疫力もアップし、風邪などの感染症予防にも期待できます。
ジンゲロールジンゲロールには殺菌作用があります。
血管を拡張する働きがあり、血圧を下げるのですが、解熱効果があるため身体の深部を冷やす作用もあります。

蒸し生姜で冷え性を改善!

生姜を蒸すことでショウガオールが33倍に!

冷えの改善に高い効果を発揮するショウガオールですが、実は生の生姜にはあまり含まれていません

 

生姜は加熱をすることでジンゲロールがショウガオールに変化し、冷え性改善に役立つ温め成分が豊富になります。

 

『イトクの生姜屋さん』の蒸し生姜にもショウガオールが多く含まれており、お湯に溶かして飲む「生姜湯」はまさに飲む体温革命です。

 

 

今すぐしょうがの商品を見てみる >>