イトク食品の生姜栽培(種イトク食品の生姜栽培(種付けから収穫まで)物語付けから収穫まで)物語

イトク食品で使用している生姜は一体どのような場所で栽培され、皆様のお手元に製品として届いているのでしょうか。種付けから、収穫まで順番にご説明させていただきます。

1.イトクの生姜製品ができるまで  種付け(4月ごろ)

生姜の種付けは、あたたかくなる4月ごろに行います。
生姜の向きは、必ず芽を上に向きにします。

株と株の間は、20センチから30センチ開けて、並べます。

2. イトクの生姜製品ができるまで 成長(盛夏)

この元気な緑色!生姜がすくすくと育っています。
根茎の分化がどんどん進み、大きく成長。

イトクの生姜は、契約農家さんが精魂込めて育てています。

ちなみに、夏に新生姜として、市場に出回ることもありますが、生姜の旬は基本的に秋。収穫の時期までもう少しです!

3. イトクの生姜製品ができるまで 収穫(寒くなる前の11月)

イトクの生姜製品ができるまで

ぷっくりと成長した生姜、とうとう収穫の時期を迎えました!

茎や葉がしなびてきたら、収穫のタイミング。
初霜がおりる前に収穫します。
茎といらない根を、手作業で切り落とします。

4. イトクの生姜製品ができるまで 保管

生姜の保管に最適な温度は、13℃から15℃。

イトク食品では、冷蔵庫の温度を常に14℃で保ち保管します。土はつけたままです。

4. イトクの生姜製品ができるまで 出荷

繊維がしっかりと形成され、生姜の色も濃くなりました。とうとう出荷の時期を迎えます。

Memo

イトク食品の生姜は、契約農家さんが精魂込めて毎年栽培している。

薬膳のパワーがつまった製品 六漢生姜湯(ろっかんしょうがゆ)

六漢生姜湯
六漢生姜湯

六漢生姜湯(ろっかんしょうがゆ)には、6つの和漢食材(生姜、ナツメ、桂皮、甘草、本葛、カリン)を配合しました。

[六漢生姜湯(ろっかんしょうがゆ)の詳しい情報をみる]

ショウガオールたっぷりの蒸し生姜や、喉にも良いとされる大根、温め効果の高い桂皮(シナモン)はベトナム桂皮を使用。ほのかなシナモン香る生姜湯です。

フレンチトーストや、紅茶の砂糖の代わりに使えば、想像以上に美味しく頂けます。

[シナモンかおる★六漢生姜湯を使用 フレンチトーストのレシピをみる]

もちろん

冷えの改善に高い効果を発揮するショウガオールも含まれています

温め成分をいっぱい含んだ『蒸し生姜』を使用した美味しい生姜湯で

冬はもちろん、夏の冷え対策しましょう。

生姜で体温革命!

[おすすめ生姜湯の商品一覧をみる]

管理栄養士オススメ!生姜の上手な摂り方

「ウェルネス栄養サポート 主任管理栄養士」の藤岡華代さんに生姜の上手な摂り方を紹介して頂きました。

管理栄養士さんおすすめ 健康食材「生姜」

[管理栄養士さんオススメの生姜の上手な摂り方をみる]

ショウガオールを手軽に美味しく! おすすめ製品

シナモン香る六漢生姜湯 & 有機 蒸したしょうがの生姜湯

どちらもイトクのしょうが屋さんの蒸し生姜を使った生姜湯です。

『六漢生姜湯』は、喉に良い大根や温め効果の高いシナモンも加え、飲みやすい味わいに。

『蒸したしょうがの生姜湯』には、すりおろした生姜と蓮根も使用し、生姜の存在感を出しつつ喉にやさしい仕上がりになっています。

■生姜湯を使用した美味しいレシピのご案内■

[蒸した生姜湯を使用した美味しいレシピ★豚の生姜焼をみる]

おしゃれで美味しい生姜の紅茶

ダイエットにもおすすめの人気製品。生姜がちょっぴり苦手な方にも美味しくお楽しみいただけます。

もちろん、ショウガオールもたっぷりです!

暑い夏にも! 瀬戸内レモンジンジャーシロップ

冷たい紅茶やジンジャーエールに入れても美味しい、レモンの酸味が爽やかな『ジンジャーシロップ』です。

暑い夏も、冷房病(クーラー病)対策にいかがでしょうか?

お菓子や料理に使うのもおすすめです!

■瀬戸内レモンジンジャーシロップを使用した美味しいレシピのご案内■

[家飲み安心!瀬戸内レモン&生姜の爽やかチューハイ]

今すぐ他の製品も見てみる >>